相談員FPブログ

終活全般

【相談事例】公正証書を作成できなかった。

親御さんと相続について
考えている相談者様。

相続関係が複雑なため、
遺言を検討しています。

親御さんは、90歳を超えており
手が震えて、「自筆遺言書」を書くことも
難しくなっています。

自筆遺言では難しいため、
公証役場に行って、公正証書で
遺しておきたいと考えています。


一度、公証役場に行きましたが、
自分で考えていたことが言えず
公正証書を作成することができませんでした。

再度、親御さんに考えを整理し
もう一度、公証役場に行くそうです。


「こんなことなら、もう少し早く
準備し手続きをしておくべきだった」
とのことでした。

後になってもできると思われがちですが、
判断能力もおちてくることがあります。

できることは早めに、実行しましょう。


天神店    (平日10時~17時)
 福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラホール1F

 TEL092-752-8150 
https://seikatsunomado.com/fukuoka01/pages/contact_nishinihon

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!