相談員FPブログ

その他

【相談事例】株式等の繰越損失

長年、運用を続けている相談者様。

運用が良かったこともあり
この数年間利益が多く出ていました。
「特定口座・源泉徴収あり」でしたので
確定申告をすることもありませんでした。


しかし、昨年は長年マイナスが続いていた
個別株や投資信託を売却しました。
損失が出ているため、
税金を支払うことはありません。

ただ、この損失は
次の利益が出た時のために
確定申告時に「繰越損失」をしていれば、
最長3年間、利益と相殺することができます。


通常、利益が出た際には、
20.315%かかる税金を減らすことができるので
面倒でなければ、
繰越損失の手続きをすることを
ご案内しました。


天神店    (平日10時~17時)
 福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラホール1F

 TEL092-752-8150 
https://seikatsunomado.com/fukuoka01/pages/contact_nishinihon

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!