相談員FPブログ

終活全般

【相談事例】おひとりさまの相続

相談者様は、
配偶者やお子さんがいらっしゃいません。

財産を遺す必要がありませんが、
財産を誰に引き継ぐかを心配しています。

相談者様は配偶者やお子さんは
いらっしゃいません。
父、母も既に亡くなっているため、
相続が発生した場合には、
姉が法定相続人となります。


もしものときは、お姉さんが財産を
引き継ぐことなります。

お姉さんが先に亡くなった時には
お姉さんのお子さん、相談者の甥・姪が
相続人となります。

お姉さんとも甥・姪とも親しいため、
安心して財産を引き継ぐことが
出来そうです。


今回の相談者様の場合、
相続人がいらっしゃいますが、

① 配偶者や子がいない、
② 父・母も亡くなっている、
③ 兄弟もいないとなった時は、
法定相続人がいません。


法定相続人がいない場合は、
どなたかに渡すことが出来るように
遺言を作っておくと良いでしょう。



天神店    (平日10時~17時)
 福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラホール1F

 TEL092-752-8150 
https://seikatsunomado.com/fukuoka01/pages/contact_nishinihon

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!