相談員FPブログ

その他

副業というけれど・・・

「働き方改革」、みなさんの受け止めと実情はいかがでしょうか。

それに先立ち、厚生労働省は、2018年1月に、

企業や働く人向けに副業を促進する

ガイドラインを公表していましたが、ご存知でしたか。

厚生労働省HP

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000192188.html

副業の種類と所得区分を理解しましょう

①給与所得:本業と異なる企業でアルバイト

②雑所得:株式の売却益、ネットの広告収入

③事業所得:文筆活動、通信販売

④不動産所得:投資用物件の家賃収入

但し、②と③は事業規模によりどちらかを選択します。

また、①~④はどれも、経費を差し引き、

利益20万円超で、確定申告が必要となります。

企業に勤める会社員は、年末調整で確定申告が

不要になるわけではなく、副業があり、利益20万円超で

確定申告が必要になります。

今年から、副業を始めた方々は、確定申告にも

留意しながら、事業展開をすることをお勧めします。

生活の窓口(福岡市中央区天神)では、起業そのものや

起業後の税務及び確定申告の相談も、税理士さんと一緒に

ご相談ができますので、ご活用ください。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!