相談員FPブログ

その他

選択性DC

DCとは、確定拠出年金のことです。

2018年末には、約32,000社で導入されています。

お勤め先の会社では、DC制度はありますか。

同時に、加入するか否かを社員本人に選ばせる

企業も少なくないようです。

今回は、この「選択性」について、考えてみましょう。

そもそも、確定拠出年金が導入される際に、

労使間で、社員みんなが加入者になる、趣旨の

取り決めをおこなうことが一般的でした。

しかし、最近では、従業員個々の意思を尊重する立場から

選択性に踏み切る傾向にあります。

選択性を採用する企業の多くは、

「給与減額方式」で運用しています。

例えば、月給40万円の従業員が加入を選んだ場合、

企業は2万分を年金の掛け金として拠出します。

同時に、月給は、同じ額を差し引き、38万円にします。

みなさんは、いかがですか。

将来の年金原資より、いまの生活費を必要とするか

どちらの選択も簡単ではありません。

判断する際は、

①給与収入には、税金がかかるが、年金の掛け金にはかからない

②給与収入には、所得税、厚生年金保険料、健康保険料に連動する

これらのことも、考慮したほうが良さそうです。

確定拠出年金へ加入すると、60歳までは資産を引き出せません

とはいえ、毎月の掛け金を見直すことはできます。

現在と将来のライフプランを念頭に置きながら

確定拠出年金の加入や見直しは考えたほうがよさそうです。

生活の窓口(福岡市中央区天神)では、

将来の資産形成や、運用についてのご相談も可能です。

お気軽にお立ち寄りください。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!