相談員FPブログ

その他

【相談事例】住宅ローンの返済

新規借入の住宅ローンの返済についての
相談がありました。

「返済は、特に問題なく出来る」と
いうことで、今回の相談者は
心配されてませんでした。


銀行からの住宅ローンの借入金額は、
大きな金額でしたが、
月々の返済の金額を減らすために
35年の返済期間でした。

今回のお客様は、繰上返済や退職金で
返済するとのことで「問題ない」と
言われていますが、
年齢によっては、35年の返済期間は
気をつけないといけません。


30歳の方であれば、35年後は65歳。
35歳の方であれば、35年後は70歳。

繰上返済をしない場合、70歳になるまで
支払いを続けることが出来るでしょうか?

もちろん、支払いができる方も
いらっしゃるでしょう。


しかし、働き続けることが出来ないとか、
収入が途絶えてしまった場合、
35年の長期返済とせずに、契約当初から
25年間でのローン返済を考えてみるのも
良いでしょう。

先ほどの35歳の方であれば、
25年の返済期間で支払金額は増えますが、
定年までに住宅ローンの返済を
終えることが出来ます。


老後に年金しか収入がないときに
住宅ローンを支払うのは、
かなり大変ですので、
支払期間をしっかりと考えることも
重要です。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!