相談員FPブログ

お知らせ

9月1日は「防災の日」です。

日本国内でも、地震や大雨、台風など

全国各地で災害が起きています。

1923年9月1日に関東大震災があり、
この日は「防災の日」となっています。
災害を簡単に防ぐことはできませんが、
普段から準備をしておくことで、
もしもに備えることもできます。


例えば、
災害にあった際の食料の備蓄や
飲料のための水など少なくとも3~7日分とも
いわれます。

食べたり飲んだり以外に、排せつのことも
考えておかなければなりません。
トイレが使えなければ、出すことができず
体調も悪くなり病気になることもありますので、
排泄時の凝固剤なども
準備しておくとよいでしょう。


他にも、自宅の周りなど
壊れそうなものがないか、
定期的に確認しておきましょう。
早めに確認しておくことで、
次の災害に備えることもできます。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!