相談員FPブログ

お知らせ

贈与税の申告(歴年単位課税)

昨年も、生活の窓口にご相談された方で
贈与をされた方が、いらっしゃいました。


親御さんから贈与を受けた方、
配偶者から贈与を受けた方など、
いらっしゃいましたが、
贈与を受けた場合、
贈与税の申告、納税が必要に
なることがあります。


贈与には、「歴年単位課税」と
「相続時精算課税」がありますが、
今回は「歴年単位課税」についてです。
歴年単位課税は、1年(1/1~12/31)までの間で
110万円を超える財産を受け取った場合
贈与税の納税が必要です。


例えば、
1/1 に父から200万円の贈与が合った場合、
200万円 - 110万円(基礎控除)
  = 90万円
90万円 × 10% = 9万円を納税


年間110万円を超える場合は、
翌年に申告と納税が必要となります。

贈与を受けた方は、
申告と納税を忘れないようにしましょう。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!