相談員FPブログ

お知らせ

【相談事例】老後の収入

65歳以降に公的年金がもらえる相談者様、

ご夫婦の年金をもらえるようになっても
収入に不安があるそうです。

体力的にも働ける状況との事で
働こうと思っています。


しかし働く場合に、年金のカットがあるのか
心配なため、相談に来られました。


まず公的年金は、結婚するまでの数年間、
厚生年金に加入していましたが、
その後はサラリーマンの妻で、
第3号被保険者となっていました。

65歳以前にも厚生年金は受給できますが、
65歳以降は厚生年金とご自身の基礎年金を
受給します。

今後、働く場合に厚生年金は
加入しないということでした。

厚生年金に加入しない場合、
受給する厚生年金のカットはありません。

今後の収入は、給与と年金がもらえますが、
体のことも考えて働くようにしましょう。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!