相談員FPブログ

お知らせ

【相談事例】「特定口座・源泉徴収有」って?

投資信託をご利用のお客さまから

相談がありました。


現在、NISA口座と特定口座を利用しています。

NISA口座は、
年間120万円までの取引に対して、
最長5年間の値上り益や配当金は
非課税となっています。


一方、特定口座も利用していますが、
金融機関で口座を開いたときに、
「こうした方がいいですよ。」と言われ、
「特定口座・源泉徴収有」にしました。


「特定口座・源泉徴収有」とは?
まず、特定口座とは
金融機関で投資信託などを売却した際、
利益があると納税しなければいけません。

売却代金から、購入代金諸費用を引いた金額が
利益となります。

現在は、利益の20.315%が税金となります。

取引が少なければ面倒ではありませんが、
取引の回数が多くなれば、計算するのも大変です。

特定口座は金融機関が、その手続きを
代行してくれます。
売買の計算、納税額の確定までを金融機関が
代行してくれるので、安心して取引ができます。

ただし、「源泉徴収有」を選択しておかないと
金融機関は、納税まではしてくれません。

一度、書類等で確認をしてみるとよいでしょう。

なお、特定口座を利用している方には
金融機関から、毎年1月に
「特定口座年間取引報告書」が送られています。

投資の相談も「生活の窓口」へお越しください。

福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラホール1F

092-752-8150  (月~金 10時~17時)
https://seikatsunomado.com/contact/

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!