相談員FPブログ

お知らせ

【相談事例】お子さまの教育費

高校生や大学生のいる親御さんから

ご相談がありました。


教育資金を準備していましたが、
やはり、学資保険や子ども保険では足りず、
今後どうしようかと悩んでいらっしゃいました。


もちろん、お子さま達には
希望通りの進路に進学していただく上で、
親御さんができることは、
一番は「お金」のことだと思います。

お子さんが複数人いらっしゃる場合、
上のお子さんは貯蓄を取り崩し、
預貯金が少なくなったからといって、
他のお子さんは奨学金を利用するとなると
兄弟間で不公平感が出てきます。


事前に預貯金から支出する分と
奨学金を利用する分を明確にすることで、
兄弟の不公平感も少なくなります。

進学先によって、どのくらいかかるかについては
下のリンクを参考にしてください。
それぞれの進学先によって、
大きく金額等が変わることがあります。


・文部科学省(国公私立大学の授業料等の推移)
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shinkou/07021403/__icsFiles/afieldfile/2017/09/26/1396452_03.pdf

教育費の相談も生活の窓口をご利用ください。

福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラホール1F
092-752-8150  (月~金 10時~17時)
https://seikatsunomado.com/contact/

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!