相談員FPブログ

お知らせ

高年齢雇用継続基本給付金

60歳で定年退職を迎えたAさん、

大学を卒業し転職もしましたが、
今の会社でも30年、継続して勤務してきました。
今後も体力が続く限り働きたいと思っています。

しかし、公的年金はまだもらえません。


60歳になるまでは、
給与を45万円もらっていましたが、
60歳を過ぎてからは、ボーナスはなく
給与が25万円になる予定です。


給与が大幅に減ってしまうため、
不安がありますが、
働けることに喜びを感じています。


しかし、毎月20万円も少なくなると
不安があります。

Aさんは雇用保険に加入し続けており、
以前よりも、給与が25%以上少なくなっているので
雇用保険から「雇用継続基本給付金」
支給されます。


今回は、45万円から25万円と約55%になったため
雇用保険から新給与の15%が
65歳になるまで支給されます。

25万円 × 15% =37,500円

給与が下がった場合、
大きな金額ではないのですが、
受給できることも知っておいてください。

詳しくは、
https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_continue.html

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!