相談員FPブログ

お知らせ

【相談事例】年金を65歳前にもらっても、減らないの?

年金相談に来店された相談者様。

59歳になり、ご自宅にねんきん定期便が
送られました。

ねんきん定期便をみると
63歳からの金額と、
65歳からの金額が記載されています。

周りの人に、年金を65歳より前にもらうと
金額が少なくなって、
ずっと少ない金額がもらえると聞きました。
間違いないですか?


ねんきん定期便の
63歳からの金額は、老齢厚生年金の金額、
65歳からの金額は、老齢厚生年金と
         老齢基礎年金の金額に
なっています。


現在の63歳からの老齢厚生年金は、
「特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分」で
63歳からもらったとしても、65歳以降の年金は
減りません。

みなさんが、よく勘違いするものとして、
65歳からもらえる「老齢基礎年金」を
早くもらう場合に年金が減ってしまいますが、
今回の、63歳からの
「特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分」を
もらっても、65歳以降の年金額に影響を
あたえませんので、ご安心ください。

年金の相談も、
「生活の窓口」にご相談ください。

福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラホール1F
092-752-8150  (月~金 10時~17時)
https://seikatsunomado.com/contact/

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!