今日の窓口

お知らせ

【トピックス】NISA(ニーサ)

制度が始まって4年、口座を作ったが使ってない方もいらっしゃると思います。
もう一度、NISAを確認しましょう。


NISAは日本に住んでいる方が、銀行や証券会社などでNISA口座を作成し、
非課税枠(毎年120万円)を設定。1金融機関しか利用できませんが、
その年にNISA口座を利用していなければ、金融機関を変更することができます。


対象は、株式や投資信託などの投資金の運用益、配当金や分配金が非課税になります。
運用期間は、投資した年から5年以内で、平成35年まで毎年120万円の非課税枠を使うことができます。
未成年の方は、ジュニアNISAが利用でき非課税枠が80万円です。


たとえば、銀行で投資信託を120万円購入したAさん。
3年後に150万円になったので売却。通常、税率20.315%(復興所得税含む)かかるところ、

NISA口座内で売却したため非課税でした。
その間に分配金が発生した場合も分配金は非課税となります。


投資経験がある方はもちろん、これから始める方もNISA口座を利用し
税制上のメリットを使いながら、投資することができます。

来年からは、積立NISAも始まります。

詳しくは、このコーナーのトピックスで!


NISAとは(金融庁 webサイト)
http://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/index.html