今日の窓口

お知らせ

2018年の制度改正~配偶者控除の見直し編

(背景)

パートで働く主婦の間で意識されていた

配偶者控除の上限は年収103万円。

この控除を受けるために、

パート収入が103万円を超えないように

働く時間を抑える傾向があり「103万円の壁」

と呼ばれています。

(改正)

配偶者特別控除を拡大することで、

就業時間を調整することなく働ける仕組みを

構築する目的で、配偶者控除及び配偶者特別控除が、

2018年1月以降改正されます。

(例えば)
例えば、夫が会社員で妻がパートの場合、

今までは妻のパート年収が103万円以下の場合、

配偶者控除は一律38万円ですが、

改正後は、夫の年収が増えると

控除額が減少するようになり、

夫の年収が1120万円を超えると

控除額が0になります。

配偶者特別控除は、妻のパート年収が

130万円を超えた場合に利用できますが、

こちらも夫と妻の年収により控除額が異なり、

妻の年収は150万円以下、

の年収は1120万円以下で、

最大で38万円控除されます。

来年は家計の収支を見直すきっかけにもなりそうです。