相談員FPブログ

お知らせ

2018年の制度改正~介護保険制度編

2018年に介護保険制度が改正されるのは

「利用者負担割合」

です。


「高齢の利用者でも、現役世代並みの収入のある方の

利用者負担割合を2割から3割に引き上げられます。」

ということです。

目的は、世代間・世代内の公正性の確保、 制度の

持続可能性を高めると、言われています。

該当収入の方々は、
「単身340万円以上、単身年金収入のみ344万円以上」
「夫婦世帯463万円以上」
2割 ⇒3割負担になります。
2018年8月の改正予定です。

将来設計を変更する際の資産の見直しなどにも

「生活の窓口」をご利用ください。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!