今日の窓口

お知らせ

投資信託の分配金について

 投資信託の分配金には、

普通分配金」と「特別分配金(元本払戻金)」の
2種類があります。


 この2種類は、同じ分配金でも内容が違います。

普通分配金」とは、利益が出ているときに発生している
分配金です。つまり、購入時の基準価額よりも決算時の基準価額が
高い状態です。

たとえば、
投資信託の購入時の基準価額が   9,000円
決算時の基準価額が        9,500円
分配金が              300円の場合、

購入時よりも決算時の方が基準価額が高くなるため、
普通分配金となります。

よって、利益が出ているため税金(20.315%)が引かれます。

特別分配金(元本払戻金)」は、
損失になっている時に発生している分配金です。
つまり、購入時の基準価額よりも決算時の基準価額が低い状態です。

たとえば、
投資信託の購入時の基準価額が   9,000円
決算時の基準価額が        8,500円
分配金が              300円の場合、


購入時よりも決算時の方が基準価額が低くなるため、
特別分配金(元本払戻金)となります。

よって、損失が出ているため税金は引かれません。

決算時の基準価額によっては、
普通分配金と特別分配金(元本払戻金)が同時に
発生する場合もあります。

※基準価額とは「投資信託の値段」のことで、

毎日、価額が変動します。