相談員FPブログ

保険

認知症の親を持つ子どもが保険での備えを選択

福岡に住んでいる子ども世代の親世代が、

鹿児島や、宮崎、または離島など、

離れて暮らす親族が増えています。

親世代が福岡、子ども世代が首都圏も

増え続けています。

そんな中、「保険で備える」子ども世代も少なくありません。

親が誤って他人の物を壊すなどして、迷惑をかけないか

心配になっているからのようです。

では、他人に損害を与えるリスクとその備えを考えてみます

①契約

・自動車保険、火災保険の特約で補う

②補償

・物を壊したり、ケガをさせて損害賠償責任を負った

③事故例

・自転車で歩行者の足をひいた

・買い物中に陳列商品を壊した

④対象者

・家族が起こした事故もカバー

認知症などで責任能力のない親が事故を起こし、

子が代わりに賠償する場合、別居であっても

補償対象に含めるのが一般的になりつつあります。

この機会に、「個人賠償責任保険」に加入しているか

確認してみるのも、よいかもしれません。

生活の窓口(福岡市中央区天神)では、

保険についてのご相談もできます。

お気軽にお越しください。

電話:092-752-8150(平日10時~17時)

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!