相談員FPブログ

保険

就業不能保障の保険

近年、病気やけがで働けなくなった際に給付金が出る
就業不能保障保険への関心が高まっています。

病気による入院が短期化される一方で、
在宅療養が必要で長期間働けなくなるリスクがあります。

入院は、医療保険で備えることができますが、
在宅療養は医療保険でカバーできないため、
就業不能保障保険へのニーズが高まっています。

就業不能保障付きの住宅ローンの団体信用生命保険も
増えてきています。

各社支払い対象外期間が異なり、
在宅療養の場合、5代疾病等に限定されている商品もあります。
精神疾患の保障の有無も
商品によります。

保険の見直しの際に、
在宅療養への備えも
確認をしておきましょう。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!