相談員FPブログ

保険

【相談事例】生命保険の受け取り方変更について

50代のシングル女性から
生命保険の見直しについて相談がありました。

相談者様は
万が一、入院・通院費用よりも
「老後の生活費」に不安を感じており
個人年金に多く加入しています。

また、終身保険にも複数加入していますが
「お金を遺したい人がいるわけではない」
とのことでした。

その場合、
終身保険で契約を残すより、
ご自分がお金を欲しいタイミングで
中途解約した方が、相談者様の希望にかないます。

生命保険では、
終身保険をそのままいかすのはもちろんですが、
年金受け取り型に変更できたり、
途中解約した方がご自分の意向に合う場合もあります。

相談者様は、
1、公的年金の老齢年金を
  受け取るタイミングと金額を確認

2、個人年金を
  受け取るタイミングと金額を確認

1と2で不足するタイミングで
終身保険を解約する決断をされました。

「何となく不安で
 保険にたくさん加入しているけれども
 今後、どのように受け取れば、
 どのプランを選択すれば良いか分からない」
というご相談も、生活の窓口でお待ちしております。

福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラホール1F
092-752-8150  (月~金 10時~17時)
https://seikatsunomado.com/contact/

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!