相談員FPブログ

保険

高額療養費が思ったより少ない?

入院や手術等で病院で療養をした場合、
1ヶ月で約8万円を超えた場合に
お金が返ってくる制度があります。


健康保険の高額療養制度で1ヶ月(1日~末日)で
100万円の療養を受けた場合、
健康保険の負担割合は、3割なので
窓口での支払いは、300,000円。

しかし、
年収370万円~770万円の方の場合(69歳以下)
80,100円+(医療費-267,000円)× 1%
なので

この式に当てはめると、
80,100 + (1,000,000-267,000)× 1%
=87,430円の支払で済みます。

ということは、300,000円の窓口支払をした場合
300,000-87,430 =
        212,570円の還付があります。


しかし、これが使えるのは同一月内のみ。
もしも、月をまたぐと支払上限額が変わります。

上限額をしっかり確認するのも大事ですが、
まずは、病気やケガを治すほうが大事です。

日程を調整することで、ご自身の身体の具合が
手遅れにならないように気をつけてください。

今回の相談者様は入院、手術をされたそうですが、
思ったよりも金額が少なかったそうです。

そう、2ヶ月にまたがっていたからです。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!