相談員FPブログ

保険

長期入院治療<短期入院加療

入院経験がある人も、そうでない人も

最近の入院がどのような傾向にあるか、ご存知と思います。

厚生労働省の2014年に調査した数値では、

平均入院日数は約32日でした。

これは、1993年の調査に比べると、10日も短くなっています。

同時に、10日未満の「短期入院」が54%を占めています。

ここで考えなければならないのが、医療保険です。

現在、加入中の保険証券を見直してみましょう。

入院保障は、

・何日目から

・日額いくら

出るようになっていますか。

4日目から、5日目からの条件になっていると

最近の「短期入院」傾向に順応できているでしょうか。

最近は、日帰りや1泊などの短い入院でも

10日分のまとまった保険金が受取れる

「短期入院保障」の特則が増えてきています。

見直し、特則の追加、と現在加入中の保険も

工夫次第で保障領域を広げることができます。

生活の窓口(福岡市中央区天神1-4-2)では

保険のご相談もできます。

電話:092-752-8150(平日10時~17時)

お気軽にご利用ください。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!