今日の窓口

保険

【相談事例】保険の満期時の税制について

 生命保険の満期保険金を受け取った際の税金について
の相談がありました。


 相談者のかたは、30年前に生命保険に加入され、
今年、満期保険金を受け取りました。現在よりも保険料が
低かったため、支払った保険料の合計額よりも受け取った
保険金が多くなりました。

 受け取った金額は多いので、税金がかかるようです。

計算式として
(受取額 - 保険料総額 -50万円) ÷ 2 

 この計算式から、算出されたものと他の所得を
合計して税額が計算されます。

例えば、
 満期保険金  保険料総額  控除額
(500万円 - 350万円 - 50万円)÷ 2

 = 50万円になりますので、この所得と他の所得を
合計して、確定申告で所得税の申告をします。


保険期間が5年を超えるものは、源泉徴収されないので、
確定申告を忘れないようにしましょう。