相談員FPブログ

相続

【相談事例】親子で終活

親の終活について
ご相談を受けることがあります。

健康で自立した生活をされていて、かつ、
何でも話し合う良好な関係とはいえ、
財産についてや相続に対する考えなど
聞きづらい話はどうしても避けてしまうそうです。

反対に、親からも既に独立した子どもたちへ
どのように話し始めていいのか...と
悩まれている方もおられます。

財産、墓や仏壇の管理、自宅の維持や処分、
介護状態や延命治療など自分の希望などなど、
元気なうちに話し合っておきたいことは
意外とたくさんあるものです。


話し合うきっかけ作りとして、
「親と一緒にエンディングノートを書く」
ことを提案するのもいいでしょう。

同じ時期に書き始めることで
進み具合や思い出話を話題にしやすくなりますし、
結果的に具体的な内容に進みやすくなるかもしれません。

生活の窓口では、
終活全般、エンディングノートの相談も受け付けております。
一度ご相談に来られてみませんか。

・天神店    (平日10時~17時)

 福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラホール1F

 TEL092-752-8150  (月~金 10時~17時)
https://seikatsunomado.com/contact/

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!