相談員FPブログ

相続

相続人がいない場合の相続・・・

生活の窓口には、
「相続人がいないので、どうすればよいか」
このような、相談も少なくありません。


原則論で言えば、
相続人がいない場合、
家庭裁判所が相続財産管理人を選定して、
財産は国の所有となります。


弁護士などから選定された相続財産管理人は、
債権を持つ人などがいないか、
確かめるために公告し、
申し出があり、
権利のある人には遺産を分け与えます。


この他にも、
生前から個人と深い縁があった人には、
特別縁故者として、
遺産の分与が受けられる可能性があります。

介護や療養に努めてくれた人や、
生計を共にしていた内縁者です。


公告後、所定の期間内に申し出がなければ、
残った遺産は相続財産管理人が現金化して
国庫に納めることになります。


遺言書で、存命中に意思表示することの
重要性も大きくなってきています。


生活の窓口(福岡市中央区天神)では、
相続関連や、遺言書作成のご相談もできます。

お気軽にお越しください。

・天神店(平日10時~17時)
 福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラホール1F
・博多マルイ店(4/3から8/29までの、火・水・木)
 福岡市博多区博多駅中央街9-1 博多マルイ3F
 TEL092-752-8150  (月~金 10時~17時)

https://seikatsunomado.com/contact/

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!