相談員FPブログ

相続

長寿時代に備える財産管理

何かと話題になっている
金融審議会の報告書ですが、
高齢期に、認知・判断能力が衰えた場合の
財産管理についても記載があります。

報告書では紹介されていませんが、
判断能力が衰えた場合の財産管理、承継が
スムーズに行えるのは「民事信託」です。

生活の窓口で多い事例は、
資産を持つ高齢の親御様(委託者)が
信頼できるお子様(受託者)に資産を預け、
そのお子様が、財産の管理・処分等を行い、
親御様が財産から得られる利益を受け取る、
という仕組みを信託契約で結びます。

長寿化で、認知症に備えた財産管理対策も
必要になってきています。

生活の窓口でも
ご相談お待ちしております。

・天神店(平日10時~17時)
福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラホール1F

・博多マルイ店(4/3から6/27までの、火・水・木)
福岡市博多区博多駅中央街9-1 博多マルイ3F
TEL092-752-8150  (月~金 10時~17時)

https://seikatsunomado.com/contact/

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!