相談員FPブログ

相続

相続の制度が変わります③

特別の寄与制度ができます。


現在では相続人以外の方が、
被相続人の療養看護を行った場合でも
相続財産を請求することができません。

しかし、2019年7月1日より
そういった不公平感を減らすために
特別寄与制度ができます。


例えば、
父、母、長男、次男、長女の家族関係でした。

母と長男ははすでに他界し、
長男には子どもがいません。

今回、父が亡くなりましたが
亡くなるまで長男の妻が療養看護をしていました。

父が亡くなった時、本来の相続人は
次男、長女だけです。
しかし、父が亡くなるまで
次男と長女は長男の妻に看護をまかせきりでした。


看護をしていた長男の妻に相続権はありませんが、

今回の改正により、
長男の妻も相続人の次男や長女に
金銭の請求をすることが出来るようになります。

相続の制度が変わります②預貯金の払戻し制度

https://seikatsunomado.com/topics/inheritance/2019/645.html

相続の制度が変わります①自筆証書遺言の方式が緩和

https://seikatsunomado.com/topics/inheritance/2019/644.html

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!