相談員FPブログ

相続

【相談事例】エンディングノートの「筆」が進まない時は

終活セミナーの後に相談がありました。

終活の第1歩と思い、
エンディングノートを購入したが、
全く書けない・・・とのことでした。

そこでお応えしたことは、
「単純に書き写すだけのページから
 書き始めては如何でしょうか?」
です。

エンディングノートは、
・ご自身の以後の生活を充実させるため
・ご家族へ意思や想いを伝えるため
・そのために、
 自分の気持ちを整理するため
に書くものです。

これだけ深い内容を書くのですから、
思い立ってすぐに書けなくて当然です。

とは言え、
せっかく書こうと思ったのですから、
少しずつ埋めていきたいですよね。

そこで、そんなときは
自分史(年代)や連絡先(住所)などの
確定している内容から書き始め、
はずみをつけることをお勧めします。

そして、一度書いた内容は
いつでも変更して良いのだからと
肩の力を抜いて書いてくださいね、
ともお伝えしています。

もし、この方と同じように
「筆」が進まず悩まれているなら、
参考にしていただけると幸いです。

生活の窓口では、
終活全般、生前整理や相続などの
ご相談を受け付けてます。
お気軽にお問い合わせください。

・天神店    (平日10時~17時)
 福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラホール1F

 TEL092-752-8150  (月~金 10時~17時)
https://seikatsunomado.com/contact/

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!