相談員FPブログ

相続

相続で不動産を失う可能性があるようです

不動産 相続手続き 法改正で相続登記をしないと
不動産を失う可能性があることをご存知でしょうか。
相続で取得するはずの不動産を失わないためには
どのような対策があるのでしょうか。
対策は、遺言書による相続の場合、
必ず相続登記をしておくことです。

関連する法律として、
相続の効力等に関する見直しする法改正
昨年7月13日に公布されましたので注意が必要です。
法改正後は、相続させる旨の遺言があったとしても、
登記がなければ法定相続分を超える部分については
第三者や債権者に対抗することができなくなっています

不動産を含む相続、空き家のご相談も
生活の窓口でお待ちしております。

お気軽にご相談ください。

電話:092-752-8150  (月~金 10時~17時)
https://seikatsunomado.com/contact/

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!