相談員FPブログ

相続

【相談事例】相続税の申告

相続税の申告について相談がありました。

相続税の申告で判断が難しいのが
「小規模宅地の特例」が適用できるかどうかです。

被相続人が住んでいた土地や事業をしていた土地について、
一定の要件を満たす場合には、
80%又は50%まで評価額を減額を受けられる特例です。

ただ、要件が非常に厳しいため
一般の方が、特例を受けるための
申告書類を作成するのは
非常に難しいと
税理士から話がありました。

相続税申告に限らず
専門家に依頼する方が
時間と費用の節約になるケースもあります。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!