相談員FPブログ

相続

【相談事例】遺言書の作成

自筆遺言書の作成について
相談がありました。

先日、生活の窓口の相談員が行った
相続のセミナーを受講し
遺言書作成を始めたとのことです。

相談者様の場合、
推定相続人は夫と兄弟になります。

ただ、兄弟との仲が良くないので
夫に全て相続させたいとのことでした。

兄弟には、民法で定められている
「一定の相続人が最低限相続できる財産」である
遺留分を請求できる権利がありません。

夫と兄弟が、相談者様に万が一のことがあった後、
揉めないように遺言書を作成しておくと安心ですね。

揉めない相続対策、遺言書作成についても
生活の窓口でご相談をお待ちしております。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!