相談員FPブログ

相続

お盆に親子・兄弟で話し合っておきたいこと~相続編~

お盆は、遠方に住んでいる親子、兄弟で
顔を合わせて話ができる貴重な機会です。

相続で「誰がどの財産をどういう割合で引き継ぐのか」。

不動産が多い場合等は、法定相続分で分けるのは
難しいでしょう。

遺言書で指定しておくと
遺された家族は、遺産分割協議の必要がなくなり
確かに手間は省略できます。

ただ、遺された家族の希望と大きく異なると
結局、遺産分割で揉めてしまいます。

それを避けるには、
元気なうちに、遺す側の意向と遺される側の意向を
すり合わせておくことが大切です。

親子・兄弟間の財産の分け方についても
生活の窓口でご相談をお待ちしております。

福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラホール1F
092-752-8150  (月~金 10時~17時)
https://seikatsunomado.com/contact/

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!