相談員FPブログ

相続

【相談事例】持病がある子に多めに財産を遺したい場合

持病があるお子様への相続について
相談がありました。

相談者様は、3人のお子様がいます。
2人は独立して世帯を設けていますが
1人は独身で持病があり、働くのは難しいとのことです。

相談者様は、賃貸アパートを複数所有しており
その家賃収入を、相続発生後に持病があるお子様の生活費に充てたい
というご意向でした。
また、他の2人のお子様から
事前に同意を得ておきたいそうです。

相談者様には、次回
・他のご兄弟の同意を得る話し合いの進め方
・家賃収入が持病のあるお子様に入るようになった後の
 財産管理について
・生前に決めたことをスムーズに実行するための
 相続対策

について、専門家とお話をしていただくことになりました。

財産の分け方についてのお悩みも
生活の窓口でお受けしております。

福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラホール1F
092-752-8150  (月~金 10時~17時)
https://seikatsunomado.com/contact/

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!