今日の窓口

相続

【相談事例】推定相続人が兄弟の場合

配偶者、子どもがいない方から
相続について相談がありました。

相談者様は5人兄弟ですので
推定相続人は4人になります。

金融資産と自宅は、兄弟で分けずに
近くに住む妹様に全て遺したいとのことです。

この場合、必要なのが「遺言書」です。
遺言書がない場合は、
遺産分割協議をし、遺産分割協議書の作成が必要になります。

遺言書があることで
相続人の手続きが楽になるケースが多くあります。

複数のご兄弟が推定相続人の場合は、遺言書を作成しておくと良いでしょう。

遺言書についてのご相談も
生活の窓口でお待ちしております。

福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラホール1F
092-752-8150  (月~金 10時~17時)
https://seikatsunomado.com/contact/