今日の窓口

相続

【相談事例】代襲相続

代襲相続について相談がありました。

代襲相続とは、
相続の開始よりも前に推定相続人が死亡している場合に、
その推定相続人の子が相続することです。

相談者様の叔母様の場合、子、親がいないため
叔母様のご兄弟が推定相続人です。

そのうちの1人が相談者様のお母様でしたが
お母様が亡くなっているため
そのお子様が代襲相続することになります。

叔母様は4人兄弟、相談者様も4人兄弟のため、
推定相続人が6人となります。

推定相続人の数が多いことと
叔母様から見ると、兄弟と甥姪と世代が異なる推定相続人が存在するため
早めの対策が必要です。

叔母様の意向を早期に固め、
推定相続人から事前に財産の分け方の承諾を得た上で、
遺言書を作成することをお話しました。

相続については、
節税対策に取り組む方は多いですが
遺し方、分け方まで生前に段取りをしておく方は少ないです。

相続人がもめる原因になりますので
事前に対策をしておくと安心です。

詳しくは、こちらをご覧ください。

https://seikatsunomado.com/menu/inheritance/