相談員FPブログ

不動産

【相談事例】空き家の環境管理

親が遺した空き家を管理している方から
お聴きしたお話です。

この方は比較的近くにお住まいということもあり、
月に1度程度は通気などのために通っているそうです。

夏が過ぎ冬になって、
大きなスズメバチの巣を発見して驚いたとのことでした。
発見した時は中にハチがいなかったため、
市販のスプレーを噴射して巣を壊したそうです。

ですが、巣の大きさからして、
活動期は相当数が巣の周りを飛び交っていたと思われ、
場合によってはご近所の方に被害がでていたかもしれない・・・
と怖くなったそうです。

今回のように、空き家管理は建物だけでなく
周囲の自然も管理しなければならない場合もあります。

費用や心理的負担などのデメリットも考慮して、
今後どうするのかを考えてみましょう。
その際は、家族の誰かが住む、建物を取り壊す、
リノベーションして有効活用する、全て処分する、
など様々な可能性を検討することをお勧めします。

生活の窓口では、
様々な不動産に関するご相談も受け付けています。
まずはお気軽にお問い合わせください。
福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラホール1F
092-752-8150  (月~金 10時~17時)
https://seikatsunomado.com/contact/

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!