相談員FPブログ

不動産

【相談事例】不動産の名義

亡くなったご家族が保有していた
不動産の名義変更についてご相談がありました。

相続が発生した場合、
相続税申告は期限に合わせて行う方が殆どですが、
後回しにしがちなのが不動産の名義変更です。

仮に、名義変更しないまま放置をしている時に
相続人のうちの一人が亡くなってしまった場合、
その亡くなった相続人の相続人の協力が必要になります。
なので、先延ばしすればするほど
より多くの人と連絡をとり承諾をお願いすることになり、
時間やお金が余計にかかります。

また、
相続人が認知症などで判断能力のない状態になれば、
処分ができなくなることもあります。

こういったことからも、
後回しにされがちな不動産の名義変更ですが
実際の名義ときちんと合わせておく方が安心です。
相続が発生した場合は、
できるだけ早めに手続きをしておきましょう。


生活の窓口では、
名義変更や相続手続きのご相談も受け付けています。

福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラホール1F

092-752-8150  (月~金 10時~17時)
https://seikatsunomado.com/contact/

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!