相談員FPブログ

不動産

空き家になっている自宅の相談も増えています。

子どもさんが独立し、実家を離れ
その後、親御さんが施設に入ったり
亡くなったりして実家が空き家になるケースも
増えています。


2019年の調査では、
日本全国で13.6%の割合で
空き家になっているそうですが、
2018年の野村総研の調査データでは、
4年後の2023年には 19.4%、
14年後の2033年には 27.3% と、かなりの
空き家率が予想されています。


身近に空き家が無ければ
感じないかもしれませんが、
郊外に行くと空き家を見かけることも
少なくありません。


しかし、空き家の近所や隣に住んでいる方が
いるのも事実です。

所有者がしっかりと管理されているのであれば、
安心できますが、
もし管理されていなくて、壊れかけているとか
ゴミが放置されているという話も聞きます。


所有者である以上、管理しなくてはなりません。
あとあとで、大きな問題にもならないように
できるうちに、なんとかしましょう。

誰もしなければ、お子さんやお孫さんが
大変になってしまうこともありますよ。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!