相談員FPブログ

不動産

消費増税と住宅購入 その関係は

今年10月には、消費税の税率が8%から10%

上がる予定であることはご存知の通りです。

今回は、消費増税と住宅購入について考えてみたいと思います。

有利なのは、増税前か増税後かどちらなのでしょうか。

先ずは、タイミングを考えてみましょう。

住宅を、いつ契約して入居するか、で

「消費税の適用税率」は変わります。

①8%の適用

・9月までに契約、入居

・仕様が指定できるマンションや注文住宅を

3月末までに契約済で10月以降に入居

②10%の適用

・4月以降の契約で10月以降に入居

一方で、国は、住宅購入支援策も用意してます。

例えば、年末の住宅ローン残高の1%が控除される

「住宅ローン控除」です。

①8%の場合

控除期間は、入居から10年

②10%の場合(今年10月から来年12月末までの入居)

控除期間は、入居から13年

また、

住宅ローン控除で所得税、住民税の軽減効果が

充分でない所得層に給付される「すまい給付金」があります。

①8%の場合

給付金最高30万円

②10%の場合

給付金最高50万円 *年収基準も約755万円以下に広がる

この他にも、

「住宅取得資金の贈与の非課税枠」の拡充も図られます。

もちろん、金利上昇リスクもありますので、

支援策だけを考慮して増税後に購入を計画するのではなく、

今後のライフプラン等を含めて、総合的に判断する必要があります。

生活の窓口(福岡市中央区天神)では、

ライフプランと相談者様の意向を踏まえた

住宅購入のアドバイス、住宅ローンの借り換え相談もできます。

お気軽にお越しください。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!