相談員FPブログ

不動産

年末調整がきっかけで考える住宅ローン

会社員の方々は、そろそろ社内で、年末調整用の書類が

配布されているのではないでしょうか。

この機会に、いや、この機会に限り、住宅ローンの借り換え

頭をよぎる方々も少なくないようです。

特に、変動型金利を選択している場合は気になるようです。

◆住宅ローンのおさらい

5年ルール

125%ルール

これらは、変動型金利のローンを選択した場合に適応されるます。

金利が上がっても毎月の返済額が急には上がらないために

多くの金融機関で設けられているルールです。

適応金利上昇の際にも、

5年間は毎月返済額を変えない

(元利金等返済の場合)

5年ごとに返済額を見直す際に、

それまでの1.25倍までしか毎月返済額を上げない

このようなルールです。

変動型ローンは、借り入れ中に金利が変わった場合に、

元金の返済ペースがどのようになるのか把握することが不可欠です。

借入先から届く、返済予定表を丁寧に確認することから始めて、

返済状況を認識する習慣をつけてはいかがでしょうか。

返済状況の確認や、借り換えについて、

生活の窓口(福岡市中央区天神)では、ご相談できます。

お気軽にお立ち寄りください。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!