相談員FPブログ

不動産

【相談事例】終の棲家への引越タイミングと自宅売却

80代半ばの一人暮らしの女性から
相談がありました。

「このまま健康でいて
 5年後に自宅売却をして
 介護施設に入居したい」
というご意向でした。

その5年の間に
自宅にある物を整理整頓したい、
ともおっしゃっていました。

相談には、介護事業者も同席しましたが
80代半ば以降の自宅整理を
自力で行うとケガをしやすいリスクも
お話しました。

また、ご年齢を考慮すると
「ずっと健康でいる」という希望的シミュレーションだけではなく
もしも、介護状態になった場合に備えることの
大切さもお話しました。

相談者様の場合、
健康な時から介護施設に入居するには
予算的に厳しいことも分かりました。

そのため、
施設に入居するとしたら、
自宅を売却して
その費用を入居費用に充てることになります。

その段取りとして
「民事信託」のお話もしました。

まずは、親子で話し合いをご案内しました。
今回の相談者様に限らず
お子様と終活についての話し合いが難しい場合は
生活の窓口の相談員がお話できますので、
ぜひご一緒にいらしてください。

福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラホール1F
092-752-8150  (月~金 10時~17時)
https://seikatsunomado.com/contact/

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!