相談員FPブログ

不動産

【相談事例】実家への思い入れ、親子での気持ちの違い

空き家になっている実家の今後について
相談がありました。

相談者様は、バリアフリーのリフォーム済のご実家で
お庭も立派に手入れしてあるので、
そのまま使ってくれる人に売りたいと思っています。

ただし、不動産の専門家から
「購入した物件をどうするかは
 買主が決めることになります」とお話がありました。

今回の相談者様に限らず
「取り壊さずに、そのまま使って欲しい」と
自宅、実家を売却する際におっしゃる方は
多くいらっしゃいます。

その気持ちの整理には、少し時間を要するかもしれません。

また、「持ち家、収益物件を子どもに遺したい」
とおっしゃる親御様と
「不動産より現金、預貯金の方が嬉しい」
とおっしゃるお子様のように
親子でご希望が異なるケースも多くあります。

こういったすれ違いを少なくするためにも
親子間の話し合いは大切ですね。

生活の窓口でも、親子の話し合いをサポートしております。

福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラホール1F
092-752-8150  (月~金 10時~17時)
https://seikatsunomado.com/contact/

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!