今日の窓口

不動産

特定空き家等の判断基準

平成27年に「特定空家特別措置法」が制定されました。
このまま放置しておくと、倒壊する可能性が高い場合や
衛生上有害となるおそれがある状態の空き家は
「特定空き家」に指定され
場合によっては、固定資産税や都市計画税が増税になり
空き家の所在地と所有者が公表されてしまいます。

特定空き家の判断基準ですが
自治体にゆだねられており、
福岡県のホームページで公表されています。

空き家をしばらく所有し続ける予定の方は
一度チェックしてみると良いでしょう。