相談員FPブログ

不動産

【相談事例】共有名義の不動産売却

親子で共有名義になっている不動産の売却について
相談がありました。

共有名義の場合、
固定資産税の支払いを
名義人全員でしているわけではなく、
代表者がまとめて支払っているケースも多くあります。

その場合、代表者が売却したい意向でも、
その他の所有者が固定資産税を負担に思っていないので
そこまで売却に乗り気ではないことがあります。

こういったケースの
所有者全員の意見のまとめ方について
お話しました。

また、売却収入の分け方についても
質問がありましたが、
持分割合に応じて分けることになります。

不動産を共有名義にすることについては、
売却時に、意見のすりあわせが大変な事例を
多く聞きます。

共有名義の不動産についてのご相談も
生活の窓口ではお待ちしております。

福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラホール1F
092-752-8150  (月~金 10時~17時)
https://seikatsunomado.com/contact/

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!