相談員FPブログ

不動産

防犯対策も必要な「空き家」

愛媛県で受刑者が施設から脱走して10日以上が経過しています。
この記事が公開になる頃には解決していれば良いのですが
予想以上に解決に時間を要しています。

受刑者の捜索に時間がかかっている要因の一つが
報じられている通り「空き家」の存在です。

空き家といえども、登記上の持ち主が存在します。
空き家捜索には、その持ち主の許可が必要なのです。

現状は、空き家状態でなくても
親子それぞれに持ち家がある場合は、
将来、空き家問題に直面する可能性が高くなります。

皆さんの思い入れのある素敵なご自宅が
お子様達の重荷とならないように、
できるだけ早く、今後のご自宅の方向性を考えておくことは
その地域の防犯面においても大切なことです。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!