今日の窓口

不動産

空き家の耐震、大丈夫ですか?

生活の窓口には、空き家についての相談も多くよせられていますが
その空き家の多くが
昭和56年より前に建てられたものです。

昭和56年6月1日よりに耐震基準が強化され
これ以降の基準を「新耐震基準」、
これ以前の基準を「旧耐震基準」といいます。

旧耐震基準により建築された家屋は、
相続後に空き家になっているケースが多いのです。
空き家のままですと、適切な管理がなされずに
防災、景観等の面で
悪影響を及ぼしてしまいます。

生活の窓口では、住まいの耐震についての相談もお受けしています。

お気軽にお越しください。

福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラホール1F
092-752-8150  (月~金 10時~17時)
https://seikatsunomado.com/contact/