相談員FPブログ

不動産

【相談事例】終の棲家を決めたものの・・・

いわゆる「終の棲家」についてです。

先月に続き、2度目のご相談に

ご夫婦で来られました。

約10年前に、とある温泉町に住居用のマンションを

既にご購入されています。

このマンション、もちろん、お風呂は温泉、

介護サービスもあり、食堂もありと、

終の棲家としては、最適な住まいです。

とはいえ、いまも福岡市内の自己所有マンションに

お住まいです。

ご高齢になり、終の棲家の準備も万端なのですが

引越のきっかけがなかなかみつからず、

いまも決断が先送りになっています。

現在の住まいの売り時はいつなのか?

本当に売れるのか?

家財道具の整理にどれくらい時間がかかるのか?

など、考え出すと、決断も遅れがちです。

お話ししたのは、いつから、どのような生活をするか。

そして、1つ1つのことを期限を設けて決めること。

このようにお伝えして、今月末までに、

終の棲家への引越をいつ実行するのか、を

話し合っていただくようになりました。

いまのお住まい、これからのお住まい、

についてのご相談も増えています。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!