今日の窓口

不動産

【相談事例】自宅の売却

ご自宅を売却して、遠方にお住まいのお子さまの近くに
お引越しをしたい方から、2回目のご相談がありました。

相談者様のご不安・ご質問は

①築30年近くになるので建物は売れないのではないか。
 とはいえ、建物を取り壊して土地のみの売却とするのは
 長く同居していた両親に申し訳ない。

②自宅売却後に新居を購入したい。
 でも、新居を購入後に自宅を売却しないと
 自宅にある荷物を置く場所がなくなるのではないか。

の2点でした。

それぞれ
①お住まいの場所、ご自宅の状況から判断すると
 土地+建物で売却が可能

②ご自宅売却の希望時期まで1年半あるので
 売却時期を明確にして売りに出せば
 自宅売却後の新居購入は可能

と不動産事業者の方からご案内があり
相談者様は安堵されました。

相談者様のご意向はもちろんですが
ご自宅の場所、建物の状況等により
売却の進め方、賃貸物件にするか等、
判断が異なります。

生活の窓口では、
住み替え、終の棲家のご相談も増えてきています。
専門家のご意見が聞きたいという方は
ぜひお越しください。

詳しくは、こちらのページをご覧ください。
https://seikatsunomado.com/topics/estate/