相談員FPブログ

終活

【相談事例】遺言を作成する際に・・・

相続対策のため、

遺言書を作られる方がいらっしゃいます。

家族に思いを込められるために
財産を渡すことは良いことだと思います。


もらえる方は良いのですが、
もらえなかった方にとっては、
なぜ、もらえないかということで
その後の関係が悪くなることも
あるかもしれません。


場合によっては財産をもらえなかった方が
一定の割合で「遺留分(いりゅうぶん」を
請求することができます。

もめないように作成したつもりの遺言書で
もめてしまうこともあります。

遺言書の中でも、なぜ財産を渡すか
思いを伝えることも大事です。

例えば、家を引き継ぐためや
お墓を守ってもらうため、
家族を見守ってもらうため  など


遺言書を作成する場合も、
しっかりと考えたうえで作成しましょう。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!