相談員FPブログ

終活

【相談事例】相続時の所有不動産の把握

不動産の相続を考える時に、
相続登記の漏れなどを防ぐには、
所有不動産の全容把握が大事です。

本人が全てを記憶していれば
相続人に伝えることもできますが、
そうでない場合は注意が必要です。

また、
固定資産税納税通知書の確認で
済むように思いますが、
固定資産税がかかっていない場合
通知書は送られてきません。

そんな時には、
名寄せ帳を取寄せてはいかがでしょう。
名寄せ帳は、
市区町村単位での発行になりますが、
固定資産税がかかっていない
所有不動産の確認もできます。

子や孫へ余分な負担をかけたくないと、
終活の一環で相続準備や名義修正を
される方も多いです。

せっかくですから、
抜けや漏れは極力無くしたいですね。

生活の窓口では、
不動産の名義変更や相続準備などの
相談も受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

・天神店
 福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラホール1F

 TEL092-752-8150  (平日 10時~17時)
https://seikatsunomado.com/contact/

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!